記事詳細ページ

企業派遣制度

- PDFファイル [kigyouhakensetumei.pdf]

企業派遣制度のメリットは、高校生にとっては、高校卒業後の就職先を決定した上で、建築の勉強にじっくり取り組めるので、多くの実習を経験し、資格取得に専念もできるので、本学卒業後は即戦力として活躍できます。企業にとっては、建築・大工技能・木工技術等の知識・技術を、専門の教授陣が系統立てて教育指導するので、高卒ですぐに業務につくより基礎力をもった人材を得られます。

 「山形工科短期大学校」(以下、短大校)は、山形県内の建設業の人材を育成するため、「職業訓練法人山形工科アカデミー」(1996年設置、山形県より認可)が設立した認定職業能力開発短期大学校です。

 短大校の教育訓練は、文科省の短大に相当する、高卒以上を対象とした「高度職業訓練 専門課程」。設置する学科は「居住システム系 住居環境科」で、建築を中心とした住環境の企画・設計・施工・管理などに関する基本的な知識・技術を修得した実践的技術者の育成が目標です。

 短大校カリキュラムによる人材育成を希望する企業は、「職業訓練法人山形工科アカデミー」の会員となり、自社社員を2年間、「建築研究生」(以下、研究生)として本学に派遣します。このように研究生を派遣する企業を「派遣企業」といいます。
2年間の教育訓練は、研究生自身の努力はもとより、「派遣企業」「山形工科短期大学校」と併せた三者の緊密な連携により高い成果が期待されます。

【建築研究生(学生)】
 派遣企業の社員であり、かつ建築研究生として給与を受給しながら修学するため、学生でありながら同時に社会人としての立場となります。

【派遣企業】
 研究生は、2年間の大多数の時間、本学での修学に専念し、これが労働時間とみなされます。この労働時間に応じて派遣企業は研究生に賃金を支払い、これに対して国は派遣企業に賃金助成を行います。
令和3年度派遣企業(予定) kigyou21-1.pdf kigyou21-2completion.pdf

(※建設業に携わる若手人材の教育訓練についてご検討中の企業様は、是非お問い合わせ下さい)
















2012.06.14:[企業派遣制度]
このページの上へ

Access 1,370,185pv (2011.04.25〜) Today 496pv Yesterday 481pv Contents 140pages