建築関連の分野では、資格を持つことが大切です。
資格は自らの知識・技術・技能の到達点を確認出来るだけではなく、周囲にも自分の能力としてしっかり示すことが出来、それが自分の仕事に反映されます。
また、級別の資格も少なくなく、より高い資格を取ることで、自分自身のスキルアップはもちろん、仕事の範囲が大きく広がります。
是非、自発的に進んで資格を取得して下さい。

在学中

計画分野では、インテリアコーディネーター、色彩検定、福祉住環境コーディネーター、CAD検定などに挑戦出来ます。
施工分野では、3級建築大工技能士、2級建築大工技能士(3級取得者)、2級建築施工管理技士(学科)に挑戦出来ます。
このうち、インテリアコーディネーター、3・2級建築大工技能士については、短期課程で試験対策を行い合格をバックアップします
(なお、高校の指定科を卒業した方は、二級建築士試験を在学中に受験可能で、合格の場合、卒業年に実務0年で登録出来ます。)

卒業後

本学卒業年に、高校の出身科を問わず、実務経験0年で二級建築士試験が受験可能で、合格すれば実務経験0年で二級建築士として登録出来ます。建築関連学科卒以外の方が二級建築士試験を受験するためには実務経験が7年以上必要となるので、本学を卒業した場合、取得を早く目指せます。
また、1級建築大工技能士は2級を取得してから1年後に受検可能。一級建築士試験は実務0年で受験可能で、合格後、実務4年で登録出来ます。

目指す資格

資格(試験)受験の機会
インテリアコーディネーター在学中受験可
3級建築大工技能士在学中受検可
2級建築大工技能士在学中受検可
2級建築施工管理技士(学科)在学中受験可
色彩検定在学中受験可
福祉住環境コーディネーター在学中受験可
建築CAD検定在学中受験可
二級建築士高校指定学科卒の方は、在学中受験可。それ以外の方は、卒業年に受験可。合格後、実務0年で登録可。
1級建築大工技能士2級合格し1年後
2級建築施工管理技士(実地)実務2年以上
一級建築士高校指定学科卒の方は、在学中受験可。それ以外の方は、卒業年に受験可。合格後、実務4年で登録可。
1級建築施工管理技士実務5年以上